「下層ページCSS追加作業代」が発生する場合につきまして ( 私どもがWordPressサイトを作成させていただく場合の「一つの独立したphpテンプレート」につきまして。 あるいは「カスタム投稿機能」を使うか否かにつきまして)

この記事の公開年月日:  私どもは、「通常の投稿」か「固定ページ投稿」で記事をご投稿いただけるようにWordPressを構築いたします。

私どもがWordPressサイトを作成させていただく場合の「一つの独立したphpテンプレート」とは

私どもが前の記事『WordPressサイト作成案件のお見積もりにつきまして』におきまして、「『一つの独立したphpテンプレート』は、WordPressの投稿画面にてご選択いただけます」と書きましたところ、見込み客様から、「私たちはカスタム投稿機能を利用しなくてはいけないのか」というご質問をいただきましたので、以下、詳細をご案内いたします。

結論から申しますと、私どもがWordPressサイトを作成させていただく場合、お客様が特にご希望になる場合(お見積り段階で「カスタム投稿ページを作成したい」旨のご指示をいただいた場合)をのぞいて、私どもは、「カスタム投稿機能」は使いません。

私どもは、「通常の投稿」か「固定ページ投稿」で記事をご投稿いただけるようにWordPressを構築いたします。

具体的には、次の手順で作ります。

  • (1)まず、お客様に、「タグ」や「カテゴリ」の一覧を作成していただきます。
  • (2)次に、お客様に、(1)の「タグ」と「カテゴリ」の中で、「独自テンプレートで表示したいもの」をリストアップしていただきます。
  • (3)私どもは、(2)について、独立したテンプレートを作成いたします。( ← 「下層ページCSS追加作業代」が発生いたします )

お客様が記事をご投稿になるとき、(3)の「独自テンプレート」を利用する方法は、次の(ア)(イ)いずれかになります。

  • (ア)お客様が記事を「固定ページ投稿」から投稿なさる場合は、お客様ご自身で、「固定ページ投稿画面」に設置されている「テンプレート」というプルダウンメニューで、該当テンプレートをご選択ください。
  • (イ)お客様が記事を「通常の投稿」から投稿なさる場合は、お客様が投稿のたびに「テンプレートを選ぶ」必要はございません。いつものとおり、「タグ」や「カテゴリ」を選んで、ご投稿ください。お選びになった「タグ」や「カテゴリ」が、(2)でリストアップした「タグ」や「カテゴリ」と同じ場合、WordPressのプログラムが自動的に該当のテンプレートを選択します。
    • (イ)における「タグ選択」時の注意点:WordPressのプログラムが「よく使うタグ」を提案しないことがあります。この場合は、お客様が手でタグをお書き入れにならなくてはなりません。また、WordPressのプログラムが「よく使うタグ」を提案する場合でも、お使いになりたいタグが表示されないことがあります。この場合も、お客様が手でタグをお書き入れにならなくてはなりません。

お客様がご希望になる場合は、カスタム投稿を作成いたします。

私どもが作成させていただく場合、functions.phpを編集する方法またはプラグインを利用する方法で作成させていただきます。

お見積り段階でいずれがよろしいかご指定ください。

  • functions.phpを編集する方法の場合、料金は、内容によりますので、都度お見積りいたします。
  • プラグインは、『Custom PostType UI』です。ご希望の場合、野良配布されている日本語ファイルを利用して日本語化いたします(無料です)。

私どもがfunctions.phpを編集する方法で作成させていただく場合

「分類表示したい情報」について、何をどう表示するかについてご設計済みの場合はお安くできます。設計から私どもが関わらせていただく場合は、高くなります。

お客様が私どもの納品後のカスタムタイプやタクソノミーの増設を希望される場合は、プラグイン『Custom PostType UI』で増設管理なさるものと想定させていただきます。私どもの自作のfunction名を、プラグイン『Custom PostType UI』のfunction名に置き換えて納品いたします。私どもが作成した部分も『Custom PostType UI』にインポートしてご編集いただけます。

「サイドバーに表示する内容」を私どもがWordPressの「カスタム投稿機能」を利用してさせていただく場合、私どもは、「サイドバーに表示する内容」をWordPressの管理画面の「外観 > ウィジェット」を利用してご管理いただけるようにいたします。関連記事をご覧ください: