FAQ > ウェブサイト作成サービス

御社のサイトを拝見して、「WordPressの英語既存テーマの日本語化作業レベルで金をとるなんておかしい、自動翻訳だってあるのに」と思いましたが、実際に弊社で日本語化作業を実施してみると、うまくできませんでした。そもそも「WordPressの英語既存テーマの完全な日本語化」ってできなくありませんか? 部分的に日本語化にならないところが残ってしまいませんか? 御社が某マッチングサイトで実績登録しておられるある特定のテーマも弊社で日本語化を試みましたが、頓挫しました。このテーマの日本語化というのは、どうやったらいいのでしょうか。

ご連絡いただいたなかで名称を挙げておられました「ある特定のテーマ」は、確かに「日本語化の難しいタイプのテーマ」でございますが、私どもは、「そもそもWordPressの英語既存テーマの完全な日本語化はできない」という認識は持っておりません。私どもが「日本語化が難しいタイプのテーマである」と判断するテーマは、「日本語化のためだけにPHPを直接編集して子テーマを作成する必要があるテーマ」でございます。私どもの知る限り、機能が充実した英語テーマの多くが、「日本語化の難しいタイプのテーマ」、つまり、「日本語化のためだけにPHPを直接編集して子テーマを作成する必要があるテーマ」です。従いまして、「日本語化が難しいテーマ」は、「アップグレードも難しいテーマである」とも言えるかと存じます。「日本語化の難しいタイプのテーマ」をアップグレードしようとしますと、私どもの次のコラムのような状態になります: 『私どもが作成させていただいた、御社の現行サイトとワードプレス公式テーマや既存テーマとを融合させた「御社独自のテーマ」のアップデートのしかた


以下、詳しくおこたえ申し上げます。

"そもそも「テーマの完全な日本語化」ってできなくありませんか? 部分的に日本語化にならないところが残ってしまいませんか?" というご質問につきまして

私どもは、「英語を日本語に置き換える」という「翻訳」という意味での日本語化につきましては、「完全に実施できる」と考えております。まずテーマ制作者が指定する方法(言語設定ファイルや多言語化プラグイン)で基本的なところを実施し、次に個々のプラグインをプラグイン制作者が指定する方法で日本語化します。最後に、それでも日本語化できなかった部分が出てきてしまった場合は、PHPテンプレートを直接編集する方法で日本語化します。

「PHPテンプレートを直接編集する」とき、私どもは、functions.php に独自クラスを新設する方法は滅多にとりません。私どもは直接PHPテンプレートを編集する方法をとります。なぜなら、そのほうが、お客様に「親テンプレートからどこをどのように変更したのか」をご理解していただきやすくなるからです(差分をとっていただきやすいからです)。私どもが作成してWordPress.orgで無料配布しておりますお問い合わせフォームプラグイン『All Post Contact Form』の文字列変換部品のようなものを足すこともあります。

このような方法で日本語への翻訳が完了したといたしましても、「テーマの日本語化」全体からみると、問題が残ることがあります。その「問題」と申しますのは、「日本語化して字数や文字の大きさが変わったために、テーマ制作者が作成した美しいデモのデザインが崩れてしまう」という問題です。日本語化をしたがためにテーマ制作者が作成した美しいデザインが台無しになるということは非常に頻繁に生じる厄介な問題でございまして、これは、CSSを追加し、追加したCSSに合わせてさらにPHPテンプレートを編集することで、「なんとか乗り切るしかない」といったところでございます。

たいていのお客様は、独自デザインをご制作になる前に、まずは「テーマのデモと同じようにしてほしい」とお思いになります。「テーマのデモと同じようにする」と一口で申しましても、ウェブデザインについてあまりご存じないお客様は、非常に厳密にお考えになることがあります。従いまして、私ども自身では「乗り切った」と思いましても、お客様が「英語版から文字が1ポも小さくなって悲しい」とお思いになりますと「乗り切った」とは言えない状態に陥ります。たとえば、文字を英語版と同じ大きさにするためにはbootstrapのハコの幅を広げる必要が出てきたりしますが、そうするとページ全体から受ける印象が変わってしまうことがあります。こうなりますと、私どもは、お客様の好みに合うように「ページデザイン」をしなくてはならなくなり、「独自デザインを作成する」という「本番のデザイン作成」の前に、日本語化作業のためだけに、お客様にデザイン作成料のお支払いをお願いしなくてはならなくなります。

まとめますと、「テーマの日本語化作業」には、お客様の感じ方によってデザイン作成問題が発生いたしますので、同じテーマの日本語化作業でも、お客様のご希望によって私どもがご請求する料金が変わってまいります。



"このテーマのWordPressの英語既存テーマの日本語化というのは、どうやったらいいのでしょうか。" というご質問につきまして

某マッチングサイトをご覧くださったようで、ありがとうございます。私どもは、マッチングサイトを私どもの「宣伝の場」としてとらえておりますので、ご覧いただけてうれしいです。

某マッチングサイトの件では私どものほうでダミー商品を3つほど作成して「サンプル登録」をさせていただきました。私どもが「サンプル登録」させていただいた範囲では、完全な日本語化ができました。たまたまお客様が経営者でお優しい方で、フォントの大きさをこうしたい、マージンをこうしたいだのおっしゃることがなく、「ハコを作ってくれればいいよ」という案件でございましたので、素早く納品させていただくこともできました。

御社案件におきまして、具体的にどこが日本語化できない場所になりましたでしょうか。

具体的に日本語化できなかった場所と、ご予算とをご案内いただけますと、お見積もりできるかと存じます。

ご予算と申しますのは、私どもにとりましてマッチングサイトは「宣伝の場」でございますので、私どもといたしましては「お安い料金」で承っております。ひょっとするとご期待になっている料金では私どもは御社案件を承ることができないかもしれません。実際に承る場合の概算お見積もりは、こちらの簡易お見積もりフォームでお調べいただければと存じます。概算がよろしいようであれば、ご連絡ください。きちんとしたお見積もりを差し上げます。

ご検討くださいますようお願い申し上げます。

( 2020/08/23, 17:14:28, JST )