私どもが作成させていただいた、御社の現行サイトとワードプレス公式テーマとを融合させた「御社独自のテーマ」のアップデートのしかた

この記事の公開年月日:  ワードプレス公式テーマが「セキュリティ上の欠陥」を理由にアップデートされたとき、「御社独自のテーマ」もアップデートする必要がある場合がございます。

【アップデートにつきましての前提】ワードプレス公式サイトから「更新通知」がダッシュボードに通知されましたら、必ず、すぐに、「更新ボタン」押してください。

「御社独自テーマ」のアップデートのしかた

子テーマの「御社独自テーマ」のアップデートのしかた

WordPress公式テーマ(『Twenty Seventeen』または『Twenty Sixteen』)がアップグレードされましたら、必ず「更新」ボタンを押し、アップグレードしてください。「御社独自のテーマ」は、WordPress公式テーマ(『Twenty Seventeen』または『Twenty Sixteen』)の子テーマになっているからです。子テーマのほうの「御社独自のテーマ」を「アップデートする必要があるとき」もございます。

「アップデートする必要があるとき」は、どういうとき?

「動かなくなったとき」です。ワードプレスが関数の大幅な変更をした可能性があります。

アップデートの方法

  • (1)WordPress公式サイトで更新された部分を確認します。
  • (2)変更になった関数を確認して、御社テーマ内でそれを使っている場所を特定し、新しい関数で書き直します。

以上です!

お忙しい場合などは、私どもにご相談ください。お見積もりいたします。

子テーマではない「御社独自テーマ」のアップデートのしかた

WordPress公式テーマ(『Twenty Seventeen』または『Twenty Sixteen』)がアップデートされたとき、「御社独自のテーマ」もアップデートしたくなるかもしれません。御社のご意志とは関係なく、「アップデートする必要があるとき」もございます。

「アップデートする必要があるとき」は、どういうとき?

WordPress公式テーマ(『Twenty Seventeen』または『Twenty Sixteen』)が、「セキュリティ上の欠陥」を理由にアップデートされたときです。更新の理由は、管理画面でご覧になれます。

アップデートの方法

  • (1)WordPress公式サイトで更新された部分を確認します。
  • (2)(1)で、置き換える必要のある「更新された部分」がコメントされていない「生きた部分」である場合、その部分を「更新された部分」に部分的に入れ替えてください。

以上です!

お忙しい場合などは、私どもにご相談ください。お見積もりいたします。

私どもが作成させていただくテーマは、プラグインをアップデートいただいたことが理由で動かなくなるというタイプのテーマではございません。ワードプレス公式サイトから「プラグイン」のアップデート通知がきましたら、必ず、できるだけ早く、アップデートしてください。