次のご質問をいただきました: "WordPressを使って某有名アマゾンギフト券買取サイトと同じサイトを作りたいのですが、ショッピングカートを入れないといけませんか、それとも御社の『All Post Contact Form』を使って作ることができますか? "

この記事の公開年月日:  |   単純に「アマゾンギフト券のギフト番号をサイトを通して受け取りたい」だけであれば、私どもの『All Post Contact Form』をお使いいただけます。  | この記事のURL: https://jp.rainbow-link.com/marketing_article64.htm

はい、お答えいたします。ご紹介くださった某有名アマゾンギフト券買取サイト様には、「次回からは自動で個人情報を入力する」という機能がございます。この機能は、ご推察のとおりショッピングカートシステムを導入したり、あるいは会員管理システムを導入したりいたしませんと実現できない機能です。従いまして、某有名アマゾンギフト券買取サイト様の「次回からは自動で個人情報を入力する」という機能を御社もご実装になることを希望しておられる場合は、私どもの『All Post Contact Form』を使って作ることはできません。

単純に「アマゾンギフト券のギフト番号をサイトを通して受け取りたい」だけであれば、私どもの『All Post Contact Form』をお使いいただけます。

この記事にご意見いただきましたので、以下のとおりご回答差し上げます。(2018年8月1日)

「バンドルカードで自分用のamazonギフト券を購入してamazonギフト券換金サイトに売却すると、その後当該バンドルカードを使ってアマゾンで買い物ができなくなる。この記事はその事実を伝えずにamazonギフト券の現金化を推奨しているように読めるから、取り下げたほうがよい」というご意見をいただきましたので、当社にて検証いたしました。

その結果、「バンドルカードで自分用のamazonギフト券を購入してamazonギフト券換金サイトに売却すると、その後当該バンドルカードを使ってアマゾンで買い物ができなくなる」という事実は「ない」ことが判明いたしました。私どもが調べた限りでは、バンドルカードで自分用のamazonギフト券を購入してamazonギフト券換金サイトに売却しても、そのバンドルカードを使ってアマゾンで買い物が「できます」。

「当社のアマゾンのアカウントに有効な別のカード番号が登録されているから特別に当該バンドルカードが使えた」という可能性も低いです。なぜなら当社は使い捨てのカード番号しか使わないからです。ですから、私どもは、一般論として、「バンドルカードで自分用のamazonギフト券を購入してamazonギフト券換金サイトに売却しても、そのバンドルカードを使ってアマゾンで買い物ができる」と言えるのではないかと考えます。

私どもの検証を再検証なさり、違う結果が得られたかたは、そのような状態になった条件も添えて、ぜひ当社までご連絡ください。