「ライト出店」を選択すべきか、「プロフェッショナル出店」を選択すべきか、Yahoo!ショッピングに出店するプランについて判断を迷っておられる既存法人様へ

この記事の公開年月日:  |     | この記事のURL: https://jp.rainbow-link.com/marketing_article44.htm

私どもの考えを結論から申し上げますと、”「プロフェッショナル出店」を選択したほうがよろしいでしょう”、です。 「プロフェッショナル出店」を選ぶべき理由は、2つございます。

第1の理由は、”2つの店舗を将来的に統合できないから”です。

Yahoo!ショッピングでは、「ライト出店」「プロフェッショナル出店」の両方のプランを使うことができますので、両方使ってみて、使い勝手のよいプランを選ぶこともできます。が、この場合、選択後はどちらか一方を「閉店する」必要に迫られます。出店のガイドラインの「よくある質問」に、「ただし、出店方法の変更をご希望の場合は同じストアアカウントを引き継ぐことはできません。新たにお申込みが必要になりますので、ご注意ください。」と明記されています。

ここをクリックしてご確認ください。

従いまして、閉店することを決めたほうのお店に質の良いリピーター(上得意)がついていた場合、リピーターにどのようにもう一方のプランの店を案内するのか、その”ご案内方法”が問題になります。自前で用意した独自ショップではサーバーのリダイレクト設定を使って処理するところですが、Yahoo!ショッピングのガイドラインでは、閉店すると、「Yahoo!ショッピング上からストア名やストアのURLを含めて削除し、店舗を完全に消滅させる」と決められています。

ここをクリックしてご確認ください。

Yahoo!ショッピングでは、法人出店者が閉店することを「退店」という用語で呼んでいますが、このコラムでは、一般用語の「閉店」で統一させていただきます。

つまり、Yahoo!ショッピングにはリダイレクト設定機能がないので、”閉じることを決めたほうのお店”から”継続することを決めたほうのお店”へお客様を直接ご案内する方法がないのです。よって、閉店する場合は、事前にお店のヘッダー部分に「閉店のおしらせ」を掲載するか、ニュースレター(メルマガ)で、お客様に「閉店のおしらせ。今後はもう一方の店舗をご利用ください。」とご案内するしかないのですが、こうしたご案内方法では、ご来店くださったお客様を確実に新店舗へご案内することはできません。私どもは、Yahoo!ショッピングであろうとレンタルサーバーであろうと、「リダイレクト設定ができない場合」は、実質的にリピーター(上得意)やブラウザーにお気に入り登録してくれた顧客や見込み客を失うと考えます。

一般的に複数の店舗を運営することは手間がかかる作業ですが、仮に御社が「ライト出店」「プロフェッショナル出店」の両方のプランを使って2つの店舗を継続する意思を持っておられたとしても、「閉店を余儀なくされる場合」がございます。先にご案内した出店のガイドラインの「よくある質問」にも、プランの選び方として売り上げ金額や出品点数についての記述がありますが、Yahoo!が提供する別のサービス『Yahoo!知恵袋』に、「ライト出店」の商品点数が一定量を超えると「プロフェッショナル出店」が求められる、という記述があります。

ここをクリックしてご確認ください。

Yahoo!から直接プラン変更を求められた場合は従わざるをえませんので、「閉店を余儀なくされる場合」に該当します。この場合、御社はやはり「退店」のガイドラインに従わざるをえませんので、私どもは御社はリピーターやブラウザーにお気に入り登録してくれた顧客や見込み客を失うことになると考えます。

「プロフェッショナル出店」を選ぶべき第2の理由は、”法人であれば(顧客分析をして売上を上げている普通の法人であれば)「プロフェッショナル出店」を選択するだろうと多くの客が判断するであろうから”です。

ライト出店ではストアクリエイタープロを使うことができないので、取引先や見込み客や顧客から「仕入れや販売チャネル分析をどうするのだろう? 」という疑問を持たれる可能性があります。