WordPressの「タグクラウド」を利用するべきか、利用しないでおくべきか?

この記事の公開年月日:  私どもは、「タグクラウド」を「利用するべき」と考えております。理由は、「ユーザービリティが向上すると考えているから」です。

私どもは、WordPressの「タグクラウド」を利用「するべき」と考えております。理由は、「ユーザービリティが向上すると考えているから」です。

私どもは、「タグ」を、「お客様向けの道標」であると考えております。『「WordPressを使って分かりやすいサイトを作りたい」というお客様へ』をご覧ください。

「タイトルを読む」より「タグを見る」ほうが楽に「そのサイトに欲しい情報があるか」を探せる、というほかに、もう一つ、私どもがユーザビリティが高くなると考えるのには根拠があります。「タグクラウドがWordPress公式テーマ2016(TwentySixteen)のウィジェットに入れられていること」です。

ワードプレス公式チームはSEOを研究しています。私どももWordPressを業務用のCMSというより、「SEOツール(販促ツール)」と位置付けています。

WordPress公式チームがいつか将来公式テーマからタグクラウドを外したら、クリック率や回遊度等を検討してから、外したほうが良い場合も出てくるでしょう。

noindexをすれば、タグクラウドで作成したページは検索エンジンには収録されませんので、「検索エンジンに直接かかわる部分の対策」もできます。