デザイン作成のための資料の作り方 (『ウェブサイト作成サービス』においてデザイン作成をご希望のお客様へ:発注資料の作り方)

この記事の公開年月日:  『ウェブサイト作成サービス』におきまして、私どもにデザイン作成をご発注くださるお客様には、デザイン作成のための資料の作成をお願いいたしております。本稿では、その「資料の作り方」をご案内いたします。

すでにホームページをお持ちで、「現在のホームページのデザインをそのままWordPressに載せて欲しい」「現在のデザインでWordPressテーマを作って欲しい」というお客様は、このページではなく、こちらのページをご覧ください。

『ウェブサイト作成サービス』におきまして、私どもにデザイン作成をご発注くださるお客様には、デザイン作成のための資料の作成をお願いいたしております。本稿では、その「資料の作り方」をご案内いたします。

資料の作り方は、「参考サイト」をお持ちか否かで変わってまいります。

「参考サイト」というのはウェブサイト制作のマッチングサイトでよく使われる用語で、ウェブサイト制作の発注者が「このようなサイトを作りたい」と希望している、受注者に「制作の参考にしてもらいたいサイト」の意味です。「参考サイト」をお持ちのお客様は、新規ウェブサイトを作る際、私どもに「参考サイト」の「どこ」を取り入れてもらいたいとお考えなのか、という点を資料にしてご支給ください。

「参考サイト」があるお客様向け「デザイン作成のための資料の作り方」

(1)「参考サイト」で気に入っておられるところを特定してください。

「参考サイト」で気に入っておられるところは、「色」ですか、それとも「レイアウト」ですか、それとも両方ですか? 

(1-A)「参考サイト」で気に入っておられるところが「色」の場合は、その色をご案内ください。

ご案内例

  • 「青×白。青はロゴの青が基本」
  • 「#353535と#fdfdfd」

参考ツール

(1-B)「参考サイト」で気に入っておられるところが「レイアウト」の場合は、「二段組」「三段組」「フラットデザイン」といった大まかな内容を気に入っておられるのか、それとも「コンテンツの配置」を気に入っておられるのかをご案内ください。

ご案内例

  • 「二段組で、全画面幅がよい」
  • 「具体的な配置図を支給します」

具体的な配置図をご支給くださる場合は、手書きでも結構でございます。「具体的な配置図」は、「ワイヤーフレーム」「モックアップ」などと呼ばれています。

「具体的な配置図」例

  • 「具体的な配置図」例

参考ツール

(2)「参考サイト」で気に入っておられるところ以外の場所について、ご希望がある場合は、そのご希望をご案内ください。

「参考サイト」で気に入っておられるところが「色」の場合は、レイアウトをご考案のうえ、ご案内ください。

ご案内例

  • 「二段組で、全画面幅がよい」
  • 「具体的な配置図を支給します」

具体的な配置図をご支給くださる場合は、手書きでも結構でございます。「具体的な配置図」は、「ワイヤーフレーム」「モックアップ」などと呼ばれています。

「具体的な配置図」例

  •  「具体的な配置図」例

「参考サイト」で気に入っておられるところが「レイアウト」の場合は、新しく作成するウェブサイトにおいて基本となる色をご考案のうえ、ご案内ください。

ご案内例

  • 「青×白。青はロゴの青が基本」
  • 「#353535と#fdfdfd」

参考ツール

(3)写真画像など、画像部品(.png .png .jpeg .gifなどで終わるファイル)をzip圧縮してご支給ください。

支給方法の例

  • 私どもが海外にお客様のデモを作成するために借りているサーバー(https://www.secure-formmail.net/)にアップロードしてください。

私どもが海外にお客様のデモを作成するために借りているサーバー以外の支給場所について

「参考サイト」がないお客様向け「デザイン作成のための資料の作り方」

私どもの『競合分析サービス』をご利用ください。

こちらのページの「お問い合わせ」ボタンを押して、御社の「業界」についてご案内ください。私どもの『競合分析サービス』は、お客様の業界の複数のサイトのデザインを分析することで、お客様の業界に一般的な配色やサイトレイアウトがあるかどうかを調べます。その情報をもとに、「配色」と「レイアウト」をお客様と当社とで決定してまいります。

「レイアウト」例

  •  「具体的な配置図」例