WordPressのテンプレートごとの「新着情報」をトップページやウィジェットに表示する方法

この記事の公開年月日:  WordPressのテンプレートごとの「新着情報」をトップページやウィジェットに表示する方法といたしましては、私どもは、次の3種類の方法をご提案できます。

WordPressのテンプレートごとの「新着情報」をトップページやウィジェットに表示する方法といたしましては、私どもは、次の3種類の方法をご提案できます。

  • 1 カテゴリやタグを特定してmysqlにクエリをかける方法
  • 2 ジャバスクリプト(jquery)のフィードを利用する方法
  • 3 iframeを利用する方法

1は、通常の方法です。

2と3は、御社(あなた)が将来該当テンプレートの部分をスタンドアロンのサテライトサイト化なさることを企画しておられる場合や、御社(あなた)がサーバーキャッシュを利用しておられて、「新着情報の窓」をトップページ以外の他のページにも(時々表示する場所を変更しながら)使いまわすことを企画しておられる場合に、おすすめする方法です。

「新着情報の窓」を「使いまわす」につきましては、新着情報を「サイドバー」に表示することを決めておられる場合で、サイドバー内で頻繁に表示場所を変更するご予定がある場合は、3をおすすめいたします。「サイドバー内で頻繁に表示場所を変更する場合」とは、私どもは、"御社(あなた)がサイドバーにアドワーズ広告や他社から掲載を依頼された広告バナーを表示する必要があり、広告類の配信状況をみながら自社の新着情報を表示する場所を頻繁に上下に変更なさる必要がある場合"を想定いたしております。

御社(あなた)が新着情報を「サイドバー」に表示することを決めておられる場合で、サイドバー内で頻繁に「新着情報の窓」の表示場所を変更することを企画しておられる場合、私どもは、「新着情報の窓」をiframeにして、ウィジェットに格納する方法をご提案いたします。ウィジェットの各コンテンツの位置は、WordPressの管理画面内で、ドラッグ&ドロップ(drag-and-drop)で変更することができますので、作業担当者の交代の際も、作業の引き継ぎがスムーズです。「WordPressを本番環境にインストール、デモの内容をコピー、カテゴリとプラグインの設定、ルートディレクトリでサイトを表示するための設定、ウィジェットの設定」をご購入いただいている場合は、ウィジェットへの設置作業も私どもが料金内作業として承ります。「WordPressを本番環境にインストール、デモの内容をコピー、カテゴリとプラグインの設定、ルートディレクトリでサイトを表示するための設定、ウィジェットの設定」をご購入いただいていない場合は、iframe部分のhtmlをメール本文内添付またはテキストファイルダウンロード形式にて納品させていただきます。