Yahoo!ショッピングの設定

この記事の公開年月日:  有料オプションの「トリプル」を利用すると、ショップオーナーは、お店のデザインを自由に作りこむことができるようになります。

本稿では、御社の公式サイトを「本店」Yahoo!ショッピングを利用して作成する御社のヤフーショップを「ヤフー支店」と呼びます。また、ヤフーショップを持っておられる方を「ショップオーナー」と呼びます。

Yahoo!ショッピングでは、ショップオーナーは、Yahoo!ショッピングの規定の範囲内でしかお店を作ることができません。

具体的には、ショップオーナーは、「買い物客をヤフーショップの買い物カゴに誘導できる範囲」でしかお店を作り込むことができません。お店のデザインは、本店のCSSを流用して作るのではなく、Yahoo!ショッピングの管理パネル内でhtmlタグを入力して、ゼロから作成します。ヘッダーやフッターやサイドバーを作るに際しては、入力字数制限などの制限事項を守る必要があります。

拡張オプション「トリプル」

有料オプションの「トリプル」を利用すると、ショップオーナーは、お店のデザインを自由に作りこむことができるようになります。本店のCSSやジャバスクリプトを流用して、「本店そっくりのヤフー支店」を作ることができます。具体的には、本店のCSSと画像フォルダのディレクトリ構造を維持したままトリプルにアップすることで(絶対パスの場合はURLも変更します)、本店のデザインをヤフー支店上に再現することができます。

しかし、トリプルを使っても、ショップオーナーは、「買い物客をヤフーショップの買い物カゴに誘導できる範囲」でしかお店を作り込むことができません。本店の買い物カゴに誘導することはできないのです。

また、トリプル用のサーバーには、アップロードから反映まで、「タイムラグがある」という特徴があります。つまり、トリプルにアップしたページは、アップしてすぐに内容が反映されるわけではありません。そのため、ショップオーナーが内容を更新なさったおつもりでも、ヤフー支店では、「変更前」の状態がしばらく表示されることになります。

そのため、一般に、ショップオーナーは、トリプルを「デザインを作り込むため」に利用します。本店ではどんなに豪華な下位ページを作っていても、ヤフー支店の下位ページは、ヤフーショッピングの管理パネルで生成できる範囲内のものに留めているショップオーナーが多いです。

従って、一般的に、ヤフー支店は、「本店の簡易版」といった印象になります。

ヤフー支店を「本店の簡易版」ではなく、「本店サイトそっくり」に作成したい、というショップオーナー様へ

上記のとおり、まず、「トリプル」をお使いになる必要があります。そのうえで、トリプル上で、「下位ページ」を作り込む必要があります。

詳細は、私どもの別の記事『私どもがYahoo!ショッピングのトリプルを利用して御社「ヤフー支店」を作成させていただく場合、私どもは、「ヘッダー」「フッター」「サイドバー」の3つを部品化し、全ページに適用されるように作らせていただきます』をご覧ください。