FAQ > ITコンサルティングサービス

WordPressサイトの引越しにつきまして。元サイトを新サーバーに丸ごとコピーしました。元サイトのために購入した有料テーマと有料プラグインをアンインストールして、再インストールしたときに、以前設定した情報が表示されるものと、そうでないものとがあります。どちらかがウィルスにやられたので、そういう動きになっているのでしょうか?

いいえ、「ウィルスにやられた」というわけではないかと存じます。私どもの考えでは、「開発者または販売業者の好みが反映されているだけ」です。

以下、詳しくご案内いたします。

WordPressのエンドユーザーがテーマやプラグインを一旦アンインストールして再度インストールしたときに、「アンインストール前にユーザーがデータベースに設定したり登録したりしていた情報」が復活することもあれば、復活しないこともあります。挙動がマチマチなのは、アンインストール時にデータベースに登録されている情報を消去するのか保存しておくのかは、実質的に、「開発者の判断」に依存する内容だからです。

WordPressのシステムは、ユーザーがテーマやプラグインをアンインストールしようとするとき(「削除」をクリックしたとき)、「本当に**を削除しますか? 」とか、「本当に**とそのデータを削除しますか? 」とかいったダイアログボックスを表示します。「データもすべて消去するのか、データは残しておくのか」は、テーマやプラグインの開発者が決めることができます。

たとえば、私どもは、私どもが開発配布販売しているプラグインにおいて、ユーザー様が私どものプラグインをアンインストールなさろうとするとき、「本当に**とそのデータを削除しますか? 」が表示されるように設定しております。が、私どものプラグインの実際の挙動は、「ユーザー様がアンインストールなさっても、ユーザー様がデータベースに登録した情報を削除しません」。つまり、私どもは、ユーザー様がアンインストールなさったとしても、データベースにユーザー様がご設定になったデータを残すようにしております。詳しくは、私どものプラグインのFAQアンインストールし、再インストールしました。再インストールしたときに、以前登録しておいた設定情報が表示されました。なぜですか?をご覧ください。

なお、有料テーマや有料プラグインには、独特の挙動がございます。有料テーマや有料プラグインの開発者は、「ライセンスキー」でユーザー認証をしています。が、開発者によっては、「ドメイン」で不正利用のチェックを行っていることがあります。そのため、引越しがうまくいかないことがあります。



( , JST )